同じ趣味を持っていた人

出会ったのはオンラインゲームの中でした。
というと、同じ年代の人には「ええー」と驚かれてしまうのですが……
どうして驚かれるんだろう、と、私は逆に不思議に思ってしまいます。

好きになるには、やっぱり、同じ趣味を持っている人のほうがいいな、って思うんですよ。
私が結構、1日の時間を趣味に使ってしまう人なので、趣味が合わなければなかなか一緒にいる時間を取れないんです。
趣味が同じなら、コンパとかでたまたま知り合った人とかより、よっぽど仲良くなりやすい要素があるじゃないですか。
他の人は、そうじゃないのかなぁ?

彼と出会ったのは、ファイナルファンタジーオンラインで。同じリンクシェルのメンバー。
しばらくして、オフ会があって直接顔を合わせました。
ゲームの中でも、現実でも、人懐っこくていい子(相手が男だけど、10歳以上年下なので、つい、子、と言ってしまいます(笑))だなぁ、と思っていたのですが、いろいろお話するうちに、ゲーム以外にも共通の趣味を持っていることがわかったんです。
二人とも、スポーツ観戦とか、カフェ巡りが好きなんだって。
そのおかげで、二人でしょっちゅう甲子園へ行くようになったり、ゲームの中でも二人で行動をすることが多くなっていきました。
年齢差があったので、最初は好きになるなんて思わずに遊んでいたのですが、他の友達よりも一緒にいたかったし、いてほしかったから、やっぱり特別だったのでしょうね(*ノωノ)
たいていの趣味が被ってしまって、毎日何時間も、ヴァーチャルと言えども一緒に過ごしていて。
気が付いたら当たり前のように好きになっていました。
まぁ、年齢が気になってなかなか踏み出せなかったのですけど、嬉しいことに彼から告白してもらえました(*´▽`*)
それから6年、今では仲良し夫婦です。

都道府県京都府
年代30代
性別女
仕事専業主婦

Leave a Comment

Filed under 私と恋人

出逢いができるサイトは何も出会い系サイトだけではないですね

出会いというのは本当に何がきっかけになるのか本当にわからないものです。

例えば私はオンラインゲームで出会いをつかむことができました。

私はドラケンという懸賞ゲームで、ユーザー同士でメールのやり取りをしていると女性に会いませんか?と言われ実際に会い、しばらく交流することができました。

皆さんもいつどんな出会いがあるのかわかりませんが、一つだけいえることは必ず行動を起こすということです。

行動を起こさなければ出逢うこともできませんし、何も生まれません。

自分から行動を起こすこと前提にしてください。

私は2015年1月からドラケンを始めました。

ちなみにですが、ドラケンはゲームでためたゴールドを銀行振り込みで実際のお金に換金することができる画期的なアプリです。

アプリ自体は2006年から存在していて古株のアプリですが、会員は400万に達しており、長年ユーザーから愛されているアプリです。

400万人のユーザーがいるので、当然出逢う確率も高いのです。

それがメインではないのですが、私は実際にそれで女性ユーザーに会って付き合うようになり、性的な関係を持つことができました。

最近でいうネット恋愛になるんですかね。

アブノマールのレベルで言えば低いほうだと思いますが、そんな出会いが本当に存在するのかと疑う人に言わせていただきたい、あるのです。

それで私は現在は別れましたが、それで出会いをつかむことができました。

しかし中にはそれが良心的な出会いとか、健全な付き合いと思う人は多くはないと思うので、あまり知り合いには言わない方がよいのかもしれません。

逆にそれを利用して悪さをする人もいれば、不運にも何かやばい事件に自分がまきこまれることもあるので、注意してくださいね。

それはLINEやフェイスブックでもいえることです。

自分から行動起こすのは大事だとアドバイスで言いましたが、その時は闇雲でなく、慎重に行動を起こしてください。

Leave a Comment

Filed under 私と恋人

絵がつないだ彼氏との縁

私の今の彼氏とは、あるサイトで知り合いました。
と言っても出会い系のサイトなどではなく、ある絵かきのための交流サイトでした。
私は絵を書くのが趣味で、小学生の頃から好き勝手に絵を書き始め、中学、高校と漫画家を志したほどでした。
大学も美術関係の学校に入り理論的にも実技的にも知識と腕を磨いてき、その傍ら、趣味で描いた絵は、ある大手の自作絵投稿サイトへと投稿していました。
その投稿サイトにはコメントを送れる機能があるのですが、自分の描いた絵に様々な反応が帰ってくることが楽しく、毎日没頭していろいろな絵を描いていました。
また、同時に様々な人の絵を観ることが出来ます。
自分と全然違う作風の絵や、似通った画風の絵。いろいろと参考になることが多く、いろいろな人の絵を見、学びました。
そんな中で、物凄く綺麗な絵を描く方が居ました。それも、どことなく私と作風が似ていました。これが、後に彼氏となった男性です。
不思議と目を引かれたその人の絵が、更新されるのを楽しみにしながら待っていたのをよく覚えています。
私からその人に関わることはなかったのですが、ある日なんとその人から私のところにコメントが!
足あとなどが残っているわけでもなかったので、私のところへ来てくださったのはまったくのたまたまなのだと思います。
しかも、そこにコメントまで来るとは――。
最初は他愛のない、挨拶程度の会話やお互いの評価なんか、誰でもするようなやりとりだったのですが、私が彼の絵を気に入っていたことを話すと、
そこから指摘やアドバイスを受けるなどのやりとりもするようになり、次第に親密になっていきました。
そしていつしか、絵師としての憧れの感情から、気づけば恋愛感情に発展してしまっていたのです。
某つぶやきアプリでのやりとりや、某スマホ用コミュニケーションアプリを通して、告白。
遠距離となりましたが、晴れて付き合えることになりました。
絵の良きアドバイザーとして、同時にライバルとして、そしてそれ以上に彼氏として、これからも二人の世界を描けていけたらいいなと思います。笑

【千葉|20代|女|専門学生】

Leave a Comment

Filed under 私と恋人